万葉集 第6巻 975番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻975番歌はこちらにまとめました。

第6巻 975番歌

第6巻
歌番号 975番歌
作者 阿倍広庭
題詞 中納言安倍廣庭卿歌一首
原文 如是為管 在久乎好叙 霊剋 短命乎 長欲為流
訓読 かくしつつあらくをよみぞたまきはる短き命を長く欲りする
かな かくしつつ あらくをよみぞ たまきはる みじかきいのちを ながくほりする
英語(ローマ字) KAKUSHITSUTSU ARAKUWOYOMIZO TAMAKIHARU MIJIKAKIINOCHIWO NAGAKUHORISURU
こうしているのが心地よいからこそ、短い命であっても、長く生きていたいと思いまする。
左注
校異 歌 [西] 謌
用語 雑歌、作者:安倍広庭、宴席、大夫、枕詞
タイトルとURLをコピーしました