万葉集 第6巻 1000番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻1000番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第6巻 1000番歌

第6巻
歌番号1000番歌
作者守部王
題詞(春三月幸于難波宮之時歌六首)
原文兒等之有者 二人将聞乎 奥渚尓 鳴成多頭乃 暁之聲
訓読子らしあらばふたり聞かむを沖つ洲に鳴くなる鶴の暁の声
かなこらしあらば ふたりきかむを おきつすに なくなるたづの あかときのこゑ
英語(ローマ字)KORASHIARABA FUTARIKIKAMUWO OKITSUSUNI NAKUNARUTADUNO AKATOKINOKOゑ
ここにあの子がいたら、二人一緒に沖の浅瀬で鳴く、鶴の暁の声を聞けるのになあ。
左注右一首守部王作
校異
用語雑歌、作者:守部王、行幸、大阪、恋情、望郷、天平6年3月、年紀、地名
タイトルとURLをコピーしました