万葉集 第6巻 960番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻960番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第6巻 960番歌

第6巻
歌番号960番歌
作者大伴旅人
題詞帥大伴卿遥思芳野離宮作歌一首
原文隼人乃 湍門乃磐母 年魚走 芳野之瀧<尓> 尚不及家里
訓読隼人の瀬戸の巌も鮎走る吉野の瀧になほしかずけり
かなはやひとの せとのいはほも あゆはしる よしののたきに なほしかずけり
英語(ローマ字)HAYAHITONO SETONOIHAHOMO AYUHASHIRU YOSHINONOTAKINI NAHOSHIKAZUKERI
美しい隼人(はやひと)の瀬戸の白波がはじける岩も、鮎が走る吉野の滝の美しさには及ばない。
左注
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 乃 尓 [西(訂正)][元][類][紀]
用語雑歌、作者:大伴旅人、吉野、比較、鹿児島、黒瀬戸、山口、関門海峡、地名
タイトルとURLをコピーしました