万葉集 第6巻 1027番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻1027番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第6巻 1027番歌

第6巻
歌番号1027番歌
作者豊島采女
題詞(秋八月廿日宴右大臣橘家歌四首)
原文橘 本尓道履 八衢尓 物乎曽念 人尓不所知
訓読橘の本に道踏む八衢に物をぞ思ふ人に知らえず
かなたちばなの もとにみちふむ やちまたに ものをぞおもふ ひとにしらえず
英語(ローマ字)TACHIBANANO MOTONIMICHIFUMU YACHIMATANI MONOWOZOOMOFU HITONISHIRAEZU
橘の木の下を歩んでいくと交差点にさしかかる。その交差点をどちらに進んでいったらいいのか密かに思い悩んでおります。
左注右一首右大辨高<橋>安麻呂卿語云 故豊嶋采女之作也 但或本云三方沙弥戀妻苑臣作歌也 然則豊嶋采女當時當所口吟此歌歟
校異橘 橋 [西(訂正)][元][類][紀] / 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 此歌 [西] 此謌[西] 謌 [西(訂正)] 歌[西(訂正)] 此歌
用語雑歌、作者:豊島采女、三方沙弥、伝誦、高橋安麻呂、宴席、古歌、植物、鬱屈、天平11年8月20日、年紀
タイトルとURLをコピーしました