万葉集 第6巻 933番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻933番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第6巻 933番歌

第6巻
歌番号933番歌
作者山部赤人
題詞山部宿祢赤人作歌一首[并短歌]
原文天地之 遠我如 日月之 長我如 臨照 難波乃宮尓 和期大王 國所知良之 御食都國 日之御調等 淡路乃 野嶋之海子乃 海底 奥津伊久利二 鰒珠 左盤尓潜出 船並而 仕奉之 貴見礼者
訓読天地の 遠きがごとく 日月の 長きがごとく おしてる 難波の宮に 我ご大君 国知らすらし 御食つ国 日の御調と 淡路の 野島の海人の 海の底 沖つ海石に 鰒玉 さはに潜き出 舟並めて 仕へ奉るし 貴し見れば
かなあめつちの とほきがごとく ひつきの ながきがごとく おしてる なにはのみやに わごおほきみ くにしらすらし みけつくに ひのみつきと あはぢの のしまのあまの わたのそこ おきついくりに あはびたま さはにかづきで ふねなめて つかへまつるし たふとしみれば
英語(ローマ字)AMETSUCHINO TOHOKIGAGOTOKU HITSUKINO NAGAKIGAGOTOKU OSHITERU NANIHANOMIYANI WAGOOHOKIMI KUNISHIRASURASHI MIKETSUKUNI HINOMITSUKITO AHADINO NOSHIMANOAMANO WATANOSOKO OKITSUIKURINI AHABITAMA SAHANIKADUKIDE FUNENAMETE TSUKAHEMATSURUSHI TAFUTOSHIMIREBA
天地が限りなく広がっているように、また日月が長久であるように、難波の宮のわれらが大君はずっと国々をお治めになっていらっしゃる。その大君に食料を奉る国が貢ぎ物を献上しようと、淡路島の野島の海人たちが海底の岩礁に潜ってアワビを数多く取り出そうと、舟を並べているのを見ると貴い。
左注
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 短歌 [西] 短謌 [西(訂正)] 短歌
用語雑歌、作者:山部赤人、難波、大阪、離宮、宮廷讃美、羈旅、地名、枕詞
タイトルとURLをコピーしました