万葉集 第6巻 1061番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻1061番歌はこちらにまとめました。

第6巻 1061番歌

第6巻
歌番号 1061番歌
作者 田辺福麻呂
題詞 ((春日悲傷三香原荒墟作歌一首[并短歌])反歌二首)
原文 咲花乃 色者不易 百石城乃 大宮人叙 立易<奚>流
訓読 咲く花の色は変らずももしきの大宮人ぞたち変りける
かな さくはなの いろはかはらず ももしきの おほみやひとぞ たちかはりける
英語(ローマ字) SAKUHANANO IROHAKAHARAZU MOMOSHIKINO OHOMIYAHITOZO TACHIKAHARIKERU
ここに咲く花の色は変わらないけれど、大宮人たちが去ってすっかり変わってしまった。
左注 (右廿一首田邊福麻呂之歌集中出也)
校異 去 奚 [元][紀]
用語 雑歌、作者:田辺福麻呂歌集、荒都歌、久邇京、京都、地名
タイトルとURLをコピーしました