万葉集 第6巻 923番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻923番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第6巻 923番歌

第6巻
歌番号 923番歌
作者 山部赤人
題詞 山部宿祢赤人作歌二首[并短歌]
原文 八隅知之 和期大王乃 高知為 芳野宮者 立名附 青垣隠 河次乃 清河内曽 春部者 花咲乎遠里 秋去者 霧立渡 其山之 弥益々尓 此河之 絶事無 百石木能 大宮人者 常将通
訓読 やすみしし 我ご大君の 高知らす 吉野の宮は たたなづく 青垣隠り 川なみの 清き河内ぞ 春へは 花咲きををり 秋されば 霧立ちわたる その山の いやしくしくに この川の 絶ゆることなく ももしきの 大宮人は 常に通はむ
かな やすみしし わごおほきみの たかしらす よしののみやは たたなづく あをかきごもり かはなみの きよきかふちぞ はるへは はなさきををり あきされば きりたちわたる そのやまの いやしくしくに このかはの たゆることなく ももしきの おほみやひとは つねにかよはむ
英語(ローマ字) YASUMISHISHI WAGOOHOKIMINO TAKASHIRASU YOSHINONOMIYAHA TATANADUKU AWOKAKIGOMORI KAHANAMINO KIYOKIKAFUCHIZO HARUHEHA HANASAKIWOWORI AKISAREBA KIRITACHIWATARU SONOYAMANO IYASHIKUSHIKUNI KONOKAHANO TAYURUKOTONAKU MOMOSHIKINO OHOMIYAHITOHA TSUNENIKAYOHAMU
我れら大君が治められている吉野の宮は、幾重にも重なり合った山々で、青い垣根に囲まれた清らかな川の上にある。春には花が咲き誇り、秋がやって来ると、霧が一面に立ちこめる。重なり合う山々のようにしげしげと、清らかに流れ下る川のように絶えることなく、大宮人たちがやって来る。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 短歌 [西] 短謌 [西(訂正)] 短歌 / 去 [元][細] 部
用語 雑歌、作者:山部赤人、吉野、行幸、宮廷讃美、地名、枕詞
タイトルとURLをコピーしました