万葉集 第6巻 1016番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻1016番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第6巻 1016番歌

第6巻
歌番号1016番歌
作者作者不詳
題詞春二月諸大夫等集左少辨巨勢宿奈麻呂朝臣家宴歌一首
原文海原之 遠渡乎 遊士之 遊乎将見登 莫津左比曽来之
訓読海原の遠き渡りを風流士の遊ぶを見むとなづさひぞ来し
かなうなはらの とほきわたりを みやびをの あそぶをみむと なづさひぞこし
英語(ローマ字)UNAHARANO TOHOKIWATARIWO MIYABIWONO ASOBUWOMIMUTO NADUSAHIZOKOSHI
遙か遠くから大海を渡って風流人の皆様の遊ぶ様子を見に苦労してやってきました。
左注右一首書白紙懸著屋壁也 題云 蓬莱仙媛所<化>嚢蘰 為風流秀才之士矣 斯凡客不所望見哉
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / <> 化 [元][類][紀]
用語雑歌、巨勢宿奈麻呂、宴席、風流、神仙、遊び、天平9年2月
タイトルとURLをコピーしました