万葉集 第6巻 1010番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻1010番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第6巻 1010番歌

第6巻
歌番号1010番歌
作者橘奈良麻呂
題詞橘宿祢奈良麻呂應詔歌一首
原文奥山之 真木葉凌 零雪乃 零者雖益 地尓落目八方
訓読奥山の真木の葉しのぎ降る雪の降りは増すとも地に落ちめやも
かなおくやまの まきのはしのぎ ふるゆきの ふりはますとも つちにおちめやも
英語(ローマ字)OKUYAMANO MAKINOHASHINOGI FURUYUKINO FURIHAMASUTOMO TSUCHINIOCHIMEYAMO
奥山の立派な木々の葉を押さえつけて雪は降っていますが、その雪がもっと多く降ろうとも、橘の実や葉が落下することなどありましょうか。
左注
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語雑歌、作者:橘奈良麻呂、応詔、寿歌、祝い、天平8年11月、植物
タイトルとURLをコピーしました