万葉集 第6巻 1011番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第6巻1011番歌はこちらにまとめました。

第6巻 1011番歌

第6巻
歌番号 1011番歌
作者 作者不詳
題詞 冬十二月十二日歌N所之諸王臣子等集葛井連廣成家宴歌二首 / 比来古N盛興 古歳漸晩 理宜共盡古情同唱<古>歌 故擬此趣<輙>獻古曲二節 風流意氣之士儻有此集之中 争發念心々和古體
原文 我屋戸之 梅咲有跡 告遣者 来云似有 散去十方吉
訓読 我が宿の梅咲きたりと告げ遣らば来と言ふに似たり散りぬともよし
かな わがやどの うめさきたりと つげやらば こといふににたり ちりぬともよし
英語(ローマ字) WAGAYADONO UMESAKITARITO TSUGEYARABA KOTOIFUNINITARI CHIRINUTOMOYOSHI
私の家の庭に梅が咲いたとお知らせすれば、お越し下さいと言っているようなもんですね。散ってもどうってことありませんのにね。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 宴歌 [西] 宴謌 [西(訂正)] 宴歌 / 此 古 [元(赭)] / 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / <> 輙 [西(右書)][類][紀]
用語 雑歌、古歌、唱和、伝誦、葛井広成、風流、天平8年12月12日、年紀、植物
タイトルとURLをコピーしました