万葉集 第7巻 1068番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1068番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1068番歌

第7巻
歌番号 1068番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞 詠天
原文 天海丹 雲之波立 月船 星之林丹 榜隠所見
訓読 天の海に雲の波立ち月の舟星の林に漕ぎ隠る見ゆ
かな あめのうみに くものなみたち つきのふね ほしのはやしに こぎかくるみゆ
英語(ローマ字) AMENOUMINI KUMONONAMITACHI TSUKINOFUNE HOSHINOHAYASHINI KOGIKAKURUMIYU
天空の海に雲の波が立ち、月の舟が星の林に見え隠れしながら天空を渡っていくのが見える。
左注 右一首柿本朝臣人麻呂之歌集出
校異 歌 [西] 謌 / 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 雑歌、作者:柿本人麻呂歌集、非略体
タイトルとURLをコピーしました