万葉集 第7巻 1326番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1326番歌はこちらにまとめました。

第7巻 1326番歌

第7巻
歌番号 1326番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄玉)
原文 照左豆我 手尓纒古須 玉毛欲得 其緒者替而 吾玉尓将為
訓読 照左豆が手に巻き古す玉もがもその緒は替へて我が玉にせむ
かな てるさづが てにまきふるす たまもがも そのをはかへて わがたまにせむ
英語(ローマ字) TERUSADUGA TENIMAKIFURUSU TAMAMOGAMO SONOWOHAKAHETE WAGATAMANISEMU
照左豆(てるさず)が手に巻いていた古い真珠だが、ほしいものだ。紐を取り替えて私の真珠にしたい。
左注
校異
用語 譬喩歌、恋愛
タイトルとURLをコピーしました