万葉集 第7巻 1327番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1327番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1327番歌

第7巻
歌番号1327番歌
作者作者不詳
題詞(寄玉)
原文秋風者 継而莫吹 海底 奥在玉乎 手纒左右二
訓読秋風は継ぎてな吹きそ海の底沖なる玉を手に巻くまでに
かなあきかぜは つぎてなふきそ わたのそこ おきなるたまを てにまくまでに
英語(ローマ字)AKIKAZEHA TSUGITENAFUKISO WATANOSOKO OKINARUTAMAWO TENIMAKUMADENI
秋風よ、そんなに次々吹かないでおくれ。海の底深く沈んでいる真珠を採って手に巻くまでは。
左注
校異
用語譬喩歌、恋愛
タイトルとURLをコピーしました