万葉集 第7巻 1329番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1329番歌はこちらにまとめました。

第7巻 1329番歌

第7巻
歌番号 1329番歌
作者 作者不詳
題詞 寄弓
原文 陸奥之 吾田多良真弓 著<絃>而 引者香人之 吾乎事将成
訓読 陸奥の安達太良真弓弦はけて引かばか人の我を言なさむ
かな みちのくの あだたらまゆみ つらはけて ひかばかひとの わをことなさむ
英語(ローマ字) MICHINOKUNO ADATARAMAYUMI TSURAHAKETE HIKABAKAHITONO WAWOKOTONASAMU
陸奥の国の安達太良産の弓で矢をつがえて引くように、彼女の気を引くようなことをすれば、人は私について、あれこれ噂をたてるだろうな。
左注
校異 絲 絃 [元][古]
用語 譬喩歌、恋愛、うわさ、植物
タイトルとURLをコピーしました