万葉集 第7巻 1175番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1175番歌はこちらにまとめました。

第7巻 1175番歌

第7巻
歌番号 1175番歌
作者 作者不詳
題詞 (覊旅作)
原文 足柄乃 筥根飛超 行鶴乃 乏見者 日本之所念
訓読 足柄の箱根飛び越え行く鶴の羨しき見れば大和し思ほゆ
かな あしがらの はこねとびこえ ゆくたづの ともしきみれば やまとしおもほゆ
英語(ローマ字) ASHIGARANO HAKONETOBIKOE YUKUTADUNO TOMOSHIKIMIREBA YAMATOSHIOMOHOYU
箱根を飛び越えて大和方面に向かう鶴が羨ましい。ああ、ふるさと大和が恋しい。
左注
校異 1176と順序入れ替え [元][紀]
用語 雑歌、羈旅、神奈川、望郷、動物、地名
タイトルとURLをコピーしました