万葉集 第7巻 1331番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1331番歌はこちらにまとめました。

第7巻 1331番歌

第7巻
歌番号 1331番歌
作者 作者不詳
題詞 寄山
原文 磐疊 恐山常 知管毛 吾者戀香 同等不有尓
訓読 岩畳畏き山と知りつつも我れは恋ふるか並にあらなくに
かな いはたたみ かしこきやまと しりつつも あれはこふるか なみにあらなくに
英語(ローマ字) IHATATAMI KASHIKOKIYAMATO SHIRITSUTSUMO AREHAKOFURUKA NAMINIARANAKUNI
岩が重なる険しい山と知りながら、そんな高貴な女性をこの自分は恋いこがれているというのか、並々ならぬ道だというのに。
左注
校異
用語 譬喩歌、恋愛
タイトルとURLをコピーしました