万葉集 第7巻 1118番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1118番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1118番歌

第7巻
歌番号 1118番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞 詠葉
原文 古尓 有險人母 如吾等架 弥和乃桧原尓 挿頭折兼
訓読 いにしへにありけむ人も我がごとか三輪の桧原にかざし折りけむ
かな いにしへに ありけむひとも わがごとか みわのひはらに かざしをりけむ
英語(ローマ字) INISHIHENI ARIKEMUHITOMO WAGAGOTOKA MIWANOHIHARANI KAZASHIWORIKEMU
昔の人もこの私のように三輪山の檜(ひのき)の森で見事な葉をつけた檜の小枝を折って髪にさしたのだろうか。
左注 (右二首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語 雑歌、作者:柿本人麻呂歌集、三輪山、奈良、非略体、地名、悲嘆
タイトルとURLをコピーしました