万葉集 第7巻 1384番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1384番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1384番歌

第7巻
歌番号1384番歌
作者作者不詳
題詞(寄河)
原文水隠尓 氣衝餘 早川之 瀬者立友 人二将言八方
訓読水隠りに息づきあまり早川の瀬には立つとも人に言はめやも
かなみごもりに いきづきあまり はやかはの せにはたつとも ひとにいはめやも
英語(ローマ字)MIGOMORINI IKIDUKIAMARI HAYAKAHANO SENIHATATSUTOMO HITONIIHAMEYAMO
水中に潜って息を止めていても苦しさのあまり立ち上がり、その瀬が急流であっても、決して人にもらすようなことはない。
左注
校異
用語譬喩歌、恋情
タイトルとURLをコピーしました