万葉集 第7巻 1383番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1383番歌はこちらにまとめました。

第7巻 1383番歌

第7巻
歌番号 1383番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄河)
原文 名毛伎世婆 人可知見 山川之 瀧情乎 塞敢<而>有鴨
訓読 嘆きせば人知りぬべみ山川のたぎつ心を塞かへてあるかも
かな なげきせば ひとしりぬべみ やまがはの たぎつこころを せかへてあるかも
英語(ローマ字) NAGEKISEBA HITOSHIRINUBEMI YAMAGAHANO TAGITSUKOKOROWO SEKAHETEARUKAMO
嘆いていれば人に知られてしまうので、山を下る川の激流のようにほとばしる思いを必死に塞きとめている。
左注
校異 与 而 [西(訂正)][元][類][紀]
用語 譬喩歌、恋情、うわさ
タイトルとURLをコピーしました