万葉集 第7巻 1155番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1155番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1155番歌

第7巻
歌番号1155番歌
作者作者不詳
題詞(攝津作)
原文奈呉乃海之 朝開之奈凝 今日毛鴨 礒之浦廻尓 乱而将有
訓読名児の海の朝明のなごり今日もかも磯の浦廻に乱れてあるらむ
かななごのうみの あさけのなごり けふもかも いそのうらみに みだれてあるらむ
英語(ローマ字)NAGONOUMINO ASAKENONAGORI KEFUMOKAMO ISONOURAMINI MIDARETEARURAMU
名児の海の夜明け、その名残として今朝もまた、浦のあたりの磯には藻や屑などが散乱しているのだろうか。
左注
校異
用語雑歌、大阪、羈旅、地名
タイトルとURLをコピーしました