万葉集 第7巻 1348番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1348番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1348番歌

第7巻
歌番号1348番歌
作者作者不詳
題詞(寄草)
原文三嶋江之 玉江之薦乎 従標之 己我跡曽念 雖未苅
訓読三島江の玉江の薦を標めしより己がとぞ思ふいまだ刈らねど
かなみしまえの たまえのこもを しめしより おのがとぞおもふ いまだからねど
英語(ローマ字)MISHIMAENO TAMAENOKOMOWO SHIMESHIYORI ONOGATOZOOMOFU IMADAKARANEDO
三島江の玉江の薦(こも)にしめ縄を張ったので、私のものだと思っている。まだ刈り取ってはいないけれど。
左注
校異
用語譬喩歌、大阪、恋愛、植物
タイトルとURLをコピーしました