万葉集 第7巻 1284番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1284番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1284番歌

第7巻
歌番号1284番歌
作者柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞(旋頭歌)
原文橋立 倉椅川 河静菅 余苅 笠裳不編 川静菅
訓読はしたての倉橋川の川の静菅我が刈りて笠にも編まぬ川の静菅
かなはしたての くらはしがはの かはのしづすげ わがかりて かさにもあまぬ かはのしづすげ
英語(ローマ字)HASHITATENO KURAHASHIGAHANO KAHANOSHIDUSUGE WAGAKARITE KASANIMOAMANU KAHANOSHIDUSUGE
倉橋川にひっそり生える菅を刈り取ったけれど、笠にも編まずに終わってしまったよ、あの菅。
左注(右廿三首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語雑歌、作者:柿本人麻呂歌集、奈良、旋頭歌、譬喩、恋愛、非略体、地名、枕詞
タイトルとURLをコピーしました