万葉集 第7巻 1218番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1218番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1218番歌

第7巻
歌番号1218番歌
作者藤原房前
題詞(覊旅作)
原文黒牛乃海 紅丹穂經 百礒城乃 大宮人四 朝入為良霜
訓読黒牛の海紅にほふももしきの大宮人しあさりすらしも
かなくろうしのうみ くれなゐにほふ ももしきの おほみやひとし あさりすらしも
英語(ローマ字)KUROUSHINOUMI KURENAゐNIHOFU MOMOSHIKINO OHOMIYAHITOSHI ASARISURASHIMO
黒牛の海が真っ赤に染まっている。その夕日を浴びて大宮人たちは、貝拾いをしているらしい。
左注(右七首者藤原卿作 未審年月)
校異以下、錯簡により「藤原卿作」左注の該当歌を変更する
用語雑歌、作者:藤原房前、藤原麻呂、羈旅、和歌山、地名、枕詞、叙景
タイトルとURLをコピーしました