万葉集 第7巻 1361番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1361番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1361番歌

第7巻
歌番号 1361番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄花)
原文 墨吉之 淺澤小野之 垣津幡 衣尓揩著 将衣日不知毛
訓読 住吉の浅沢小野のかきつはた衣に摺り付け着む日知らずも
かな すみのえの あささはをのの かきつはた きぬにすりつけ きむひしらずも
英語(ローマ字) SUMINOENO ASASAHAWONONO KAKITSUHATA KINUNISURITSUKE KIMUHISHIRAZUMO
住吉の浅沢小野に咲く杜若(かきつばた)、いつになったら着物に染め上げて着られるのだろう。
左注
校異
用語 譬喩歌、恋愛、大阪、地名、植物
タイトルとURLをコピーしました