万葉集 第7巻 1269番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1269番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1269番歌

第7巻
歌番号1269番歌
作者柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞(就所發思)
原文巻向之 山邊響而 徃水之 三名沫如 世人吾等者
訓読巻向の山辺響みて行く水の水沫のごとし世の人我れは
かなまきむくの やまへとよみて ゆくみづの みなわのごとし よのひとわれは
英語(ローマ字)MAKIMUKUNO YAMAHETOYOMITE YUKUMIDUNO MINAWANOGOTOSHI YONOHITOWAREHA
巻向の山辺をとどろかせて川は流れていくが、この世にいる私はその水沫(みなわ)のようなものだ。
左注右二首柿本朝臣人麻呂<之>歌集出
校異<> 之 [元][紀][温] / 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語雑歌、作者:柿本人麻呂歌集、奈良、哀悼、無常、非略体、地名
タイトルとURLをコピーしました