万葉集 第7巻 1269番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1269番歌はこちらにまとめました。

第7巻 1269番歌

第7巻
歌番号 1269番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞 (就所發思)
原文 巻向之 山邊響而 徃水之 三名沫如 世人吾等者
訓読 巻向の山辺響みて行く水の水沫のごとし世の人我れは
かな まきむくの やまへとよみて ゆくみづの みなわのごとし よのひとわれは
英語(ローマ字) MAKIMUKUNO YAMAHETOYOMITE YUKUMIDUNO MINAWANOGOTOSHI YONOHITOWAREHA
巻向の山辺をとどろかせて川は流れていくが、この世にいる私はその水沫(みなわ)のようなものだ。
左注 右二首柿本朝臣人麻呂<之>歌集出
校異 <> 之 [元][紀][温] / 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 雑歌、作者:柿本人麻呂歌集、奈良、哀悼、無常、非略体、地名
タイトルとURLをコピーしました