万葉集 第7巻 1171番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1171番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1171番歌

第7巻
歌番号1171番歌
作者作者不詳
題詞(覊旅作)
原文大御舟 竟而佐守布 高嶋之 三尾勝野之 奈伎左思所念
訓読大御船泊ててさもらふ高島の三尾の勝野の渚し思ほゆ
かなおほみふね はててさもらふ たかしまの みをのかつのの なぎさしおもほゆ
英語(ローマ字)OHOMIFUNE HATETESAMORAFU TAKASHIMANO MIWONOKATSUNONO NAGISASHIOMOHOYU
大御船を泊めて様子待ちをしていると、勝野の波打ち際が思いやられる。
左注
校異
用語雑歌、羈旅、滋賀、地名
タイトルとURLをコピーしました