万葉集 第7巻 1256番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1256番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1256番歌

第7巻
歌番号1256番歌
作者作者不詳
題詞(臨時)
原文春霞 井上<従>直尓 道者雖有 君尓将相登 他廻来毛
訓読春霞井の上ゆ直に道はあれど君に逢はむとた廻り来も
かなはるかすみ ゐのうへゆただに みちはあれど きみにあはむと たもとほりくも
英語(ローマ字)HARUKASUMI ゐNOUHEYUTADANI MICHIHAAREDO KIMINIAHAMUTO TAMOTOHORIKUMO
泉に春霞がかかっていますが、そこから家にまっすぐ道は通じています。が、あなたにお逢いしたいと思って回り道をしてやってきました。
左注(右十七首古歌集出)
校異徒 従 [元][類][紀]
用語雑歌、作者:古歌集、臨時、恋歌、女歌
タイトルとURLをコピーしました