万葉集 第7巻 1392番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1392番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1392番歌

第7巻
歌番号 1392番歌
作者 作者不詳
題詞 寄浦沙
原文 紫之 名高浦之 愛子地 袖耳觸而 不寐香将成
訓読 紫の名高の浦の真砂土袖のみ触れて寝ずかなりなむ
かな むらさきの なたかのうらの まなごつち そでのみふれて ねずかなりなむ
英語(ローマ字) MURASAKINO NATAKANOURANO MANAGOTSUCHI SODENOMIFURETE NEZUKANARINAMU
紫草の名高浦のさらさら流れる砂浜。その砂は細かいので、袖にかかっても流れてしまって、結局寝ずじまいになるだろうな。
左注
校異
用語 譬喩歌、和歌山、恋情、地名
スポンサーリンク

解説

題詞は「浦の沙(まなご)に寄せて」という意味。本歌と1393番歌の2首。
「紫(むらさき)の」は、染料に使われる紫草のこと。「紫の名高の浦の」という句は1396番歌2780番歌でも使われている。真砂土は細かい砂のこと。

タイトルとURLをコピーしました