万葉集 第7巻 1318番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1318番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1318番歌

第7巻
歌番号1318番歌
作者作者不詳
題詞(寄玉)
原文底清 沈有玉乎 欲見 千遍曽告之 潜為白水郎
訓読底清み沈ける玉を見まく欲り千たびぞ告りし潜きする海人
かなそこきよみ しづけるたまを みまくほり ちたびぞのりし かづきするあま
英語(ローマ字)SOKOKIYOMI SHIDUKERUTAMAWO MIMAKUHORI CHITABIZONORISHI KADUKISURUAMA
水がきれいで底に沈んでいる真珠が見える。間近に潜っていって「ありがたや、ありがたや」ととなえながら海人(あま)のようにその真珠を手に取りたいものだ。
左注
校異
用語譬喩歌、恋愛
タイトルとURLをコピーしました