万葉集 第7巻 1317番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1317番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1317番歌

第7巻
歌番号1317番歌
作者作者不詳
題詞寄玉
原文海底 沈白玉 風吹而 海者雖荒 不取者不止
訓読海の底沈く白玉風吹きて海は荒るとも取らずはやまじ
かなわたのそこ しづくしらたま かぜふきて うみはあるとも とらずはやまじ
英語(ローマ字)WATANOSOKO SHIDUKUSHIRATAMA KAZEFUKITE UMIHAARUTOMO TORAZUHAYAMAJI
海の底に沈んでいる真珠。風が吹き海は荒れているが、真珠は採らずにおくものか。
左注
校異
用語譬喩歌、恋愛
タイトルとURLをコピーしました