万葉集 第7巻 1092番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1092番歌はこちらにまとめました。

第7巻 1092番歌

第7巻
歌番号 1092番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞 詠山
原文 動神之 音耳聞 巻向之 桧原山乎 今日見鶴鴨
訓読 鳴る神の音のみ聞きし巻向の桧原の山を今日見つるかも
かな なるかみの おとのみききし まきむくの ひはらのやまを けふみつるかも
英語(ローマ字) NARUKAMINO OTONOMIKIKISHI MAKIMUKUNO HIHARANOYAMAWO KEFUMITSURUKAMO
噂にはきいていたけれど、見たことはなかった。今みているこれが評判の巻向の檜原(ひばら)の山。
左注 (右三首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語 雑歌、作者:柿本人麻呂歌集、巻向、奈良、非略体、地名、枕詞
タイトルとURLをコピーしました