万葉集 第7巻 1093番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1093番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1093番歌

第7巻
歌番号 1093番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞 (詠山)
原文 三毛侶之 其山奈美尓 兒等手乎 巻向山者 継之宜霜
訓読 三諸のその山なみに子らが手を巻向山は継ぎしよろしも
かな みもろの そのやまなみに こらがてを まきむくやまは つぎしよろしも
英語(ローマ字) MIMORONO SONOYAMANAMINI KORAGATEWO MAKIMUKUYAMAHA TSUGISHIYOROSHIMO
(三輪山、巻向山、初瀬山)という三山が連なる中に彼女が手を巻くという巻向山があり、初めての背という名の初瀬山があり、その連なり方がまことに具合がいい。
左注 (右三首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語 雑歌、作者:柿本人麻呂歌集、巻向、奈良、非略体、地名、枕詞
タイトルとURLをコピーしました