万葉集 第7巻 1413番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1413番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1413番歌

第7巻
歌番号1413番歌
作者作者不詳
題詞
原文庭津鳥 <可>鷄乃垂尾乃 乱尾乃 長心毛 不所念鴨
訓読庭つ鳥鶏の垂り尾の乱れ尾の長き心も思ほえぬかも
かなにはつとり かけのたりをの みだれをの ながきこころも おもほえぬかも
英語(ローマ字)NIHATSUTORI KAKENOTARIWONO MIDAREWONO NAGAKIKOKOROMO OMOHOENUKAMO
(あの人を)亡くして私の心は鶏の垂れた尾のように乱れています。なかなかゆったりした気分になれません。
左注
校異下 可 [類][紀][温]
用語挽歌、枕詞、動物、枕詞
タイトルとURLをコピーしました