万葉集 第7巻 1104番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1104番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1104番歌

第7巻
歌番号1104番歌
作者作者不詳
題詞(詠河)
原文馬並而 三芳野河乎 欲見 打越来而曽 瀧尓遊鶴
訓読馬並めてみ吉野川を見まく欲りうち越え来てぞ瀧に遊びつる
かなうまなめて みよしのがはを みまくほり うちこえきてぞ たきにあそびつる
英語(ローマ字)UMANAMETE MIYOSHINOGAHAWO MIMAKUHORI UCHIKOEKITEZO TAKINIASOBITSURU
吉野川を見たいと思って馬を連ねて山を越えてきて滝のほとりに出た。そこでゆったり遊んだ。
左注
校異
用語雑歌、吉野、地名
タイトルとURLをコピーしました