万葉集 第7巻 1191番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1191番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1191番歌

第7巻
歌番号 1191番歌
作者 作者不詳
題詞 (覊旅作)
原文 妹門 出入乃河之 瀬速見 吾馬爪衝 家思良下
訓読 妹が門出入の川の瀬を早み我が馬つまづく家思ふらしも
かな いもがかど いでいりのかはの せをはやみ あがうまつまづく いへもふらしも
英語(ローマ字) IMOGAKADO IDEIRINOKAHANO SEWOHAYAMI AGAUMATSUMADUKU IHEMOFURASHIMO
門に潮が出入りする浜辺の彼女の家が目前に迫ってきた。流れの早い瀬にさしかかり急ぐ馬もけつまづいた。馬も私と同様早く家人にまみえたいと思っているのだろうか。
左注
校異
用語 雑歌、羈旅、望郷、地名、枕詞
タイトルとURLをコピーしました