万葉集 第7巻 1233番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1233番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1233番歌

第7巻
歌番号1233番歌
作者作者不詳
題詞(覊旅作)
原文未通女等之 織機上乎 真櫛用 掻上栲嶋 波間従所見
訓読娘子らが織る機の上を真櫛もち掻上げ栲島波の間ゆ見ゆ
かなをとめらが おるはたのうへを まくしもち かかげたくしま なみのまゆみゆ
英語(ローマ字)WOTOMERAGA ORUHATANOUHEWO MAKUSHIMOCHI KAKAGETAKUSHIMA NAMINOMAYUMIYU
娘子(をとめ)たちが機(はた)を織る際に髪をかき上げて立派な櫛で、くしけずり、長い髪をたくしあげる、その栲島(たくしま)が波の間に見える。
左注?(右件歌者古集中出)
校異
用語雑歌、作者:古集、羈旅、島根、地名、序詞、叙景
タイトルとURLをコピーしました