万葉集 第7巻 1204番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1204番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1204番歌

第7巻
歌番号 1204番歌
作者 作者不詳
題詞 (覊旅作)
原文 濱清美 礒尓吾居者 見者 白水郎可将見 釣不為尓
訓読 浜清み礒に我が居れば見む人は海人とか見らむ釣りもせなくに
かな はまきよみ いそにわがをれば みむひとは あまとかみらむ つりもせなくに
英語(ローマ字) HAMAKIYOMI ISONIWAGAWOREBA MIMUHITOHA AMATOKAMIRAMU TSURIMOSENAKUNI
澄んで美しい磯辺に、ひとりぽつんと立っていれば、その私を見る人は私のことを海人(漁民)と思うだろうか。釣りなどしていないのに。
左注 ?(右件歌者古集中出)
校異
用語 雑歌、作者:古集、羈旅
タイトルとURLをコピーしました