万葉集 第7巻 1203番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1203番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1203番歌

第7巻
歌番号 1203番歌
作者 作者不詳
題詞 (覊旅作)
原文 礒上尓 爪木折焼 為汝等 吾潜来之 奥津白玉
訓読 礒の上に爪木折り焚き汝がためと我が潜き来し沖つ白玉
かな いそのうへに つまきをりたき ながためと わがかづきこし おきつしらたま
英語(ローマ字) ISONOUHENI TSUMAKIWORITAKI NAGATAMETO WAGAKADUKIKOSHI OKITSUSHIRATAMA
海岸(磯)で、小枝を折って火を焚きながら待っているあなたに渡そうと、私が沖の海底に潜ってとってきた、これがその真珠です。
左注 ?(右件歌者古集中出)
校異
用語 雑歌、作者:古集、羈旅
タイトルとURLをコピーしました