万葉集 第7巻 1110番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1110番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1110番歌

第7巻
歌番号1110番歌
作者作者不詳
題詞(詠河)
原文湯種蒔 荒木之小田矣 求跡 足結出所沾 此水之湍尓
訓読ゆ種蒔くあらきの小田を求めむと足結ひ出で濡れぬこの川の瀬に
かなゆだねまく あらきのをだを もとめむと あゆひいでぬれぬ このかはのせに
英語(ローマ字)YUDANEMAKU ARAKINOWODAWO MOTOMEMUTO AYUHIIDENURENU KONOKAHANOSENI
斎種(ゆだね)を持ち、足結ひをして新規開墾田の適地を求めて家を出立したのはいいが、袴を濡らしてしまった、この川の瀬で。
左注
校異出 [万葉集略解] 出 / 河 [類][紀](塙) 川
用語雑歌、比喩、恋愛
タイトルとURLをコピーしました