万葉集 第7巻 1386番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1386番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1386番歌

第7巻
歌番号1386番歌
作者作者不詳
題詞寄海
原文大船尓 真梶繁貫 水手出去之 奥<者>将深 潮者干去友
訓読大船に真楫しじ貫き漕ぎ出なば沖は深けむ潮は干ぬとも
かなおほぶねに まかぢしじぬき こぎでなば おきはふかけむ しほはひぬとも
英語(ローマ字)OHOBUNENI MAKADISHIJINUKI KOGIDENABA OKIHAFUKAKEMU SHIHOHAHINUTOMO
大船に多くの梶を取りつけて、漕ぎ出せば、沖は底が深いだろうな。引き潮になっても深いままだろうな。
左注
校異<> 者 [元][類][古][紀]
用語譬喩歌、恋情
タイトルとURLをコピーしました