万葉集 第7巻 1405番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1405番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1405番歌

第7巻
歌番号1405番歌
作者作者不詳
題詞
原文蜻野S 人之懸者 朝蒔 君之所思而 嗟齒不病
訓読秋津野を人の懸くれば朝撒きし君が思ほえて嘆きはやまず
かなあきづのを ひとのかくれば あさまきし きみがおもほえて なげきはやまず
英語(ローマ字)AKIDUNOWO HITONOKAKUREBA ASAMAKISHI KIMIGAOMOHOETE NAGEKIHAYAMAZU
秋津野のことが話題にのぼると、今朝、そこに散骨したあなたのことが思い起こされて嘆きはやみません。
左注
校異
用語挽歌、吉野、地名
タイトルとURLをコピーしました