万葉集 第7巻 1211番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1211番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1211番歌

第7巻
歌番号1211番歌
作者作者不詳
題詞(覊旅作)
原文妹當 今曽吾行 目耳谷 吾耳見乞 事不問侶
訓読妹があたり今ぞ我が行く目のみだに我れに見えこそ言問はずとも
かないもがあたり いまぞわがゆく めのみだに われにみえこそ こととはずとも
英語(ローマ字)IMOGAATARI IMAZOWAGAYUKU MENOMIDANI WARENIMIEKOSO KOTOTOHAZUTOMO
彼女の家の近くを今まさに通過しようとしている。せめてひと目だけでも会えたらなあ。言葉は交わさなくとも。
左注
校異
用語雑歌、羈旅、望郷、和歌山、地名
タイトルとURLをコピーしました