万葉集 第7巻 1140番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1140番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1140番歌

第7巻
歌番号 1140番歌
作者 作者不詳
題詞 攝津作
原文 志長鳥 居名野乎来者 有間山 夕霧立 宿者無<而> [一本云 猪名乃浦廻乎 榜来者]
訓読 しなが鳥猪名野を来れば有馬山夕霧立ちぬ宿りはなくて [一本云 猪名の浦みを漕ぎ来れば]
かな しながどり ゐなのをくれば ありまやま ゆふぎりたちぬ やどりはなくて [ゐなのうらみを こぎくれば]
英語(ローマ字) SHINAGADORI ゐNANOWOKUREBA ARIMAYAMA YUFUGIRITACHINU YADORIHANAKUTE [ゐNANOURAMIWO KOGIKUREBA]
猪名野(いなの)をやってきたら、有馬山には夕霧が立ちこめてきた。宿る所もないというのに。
左注
校異 為 而 [元][類][紀]
用語 雑歌、兵庫、大阪、羈旅、動物、地名
タイトルとURLをコピーしました