万葉集 第7巻 1139番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1139番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1139番歌

第7巻
歌番号1139番歌
作者作者不詳
題詞(山背作)
原文千早人 氏川浪乎 清可毛 旅去人之 立難為
訓読ちはや人宇治川波を清みかも旅行く人の立ちかてにする
かなちはやひと うぢがはなみを きよみかも たびゆくひとの たちかてにする
英語(ローマ字)CHIHAYAHITO UDIGAHANAMIWO KIYOMIKAMO TABIYUKUHITONO TACHIKATENISURU
急ぐ人々も、宇治川の波が清らかだからか。旅行く人も、立ち去りがたい川だ。
左注
校異
用語雑歌、京都、羈旅、地名
タイトルとURLをコピーしました