万葉集 第7巻 1188番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1188番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1188番歌

第7巻
歌番号1188番歌
作者作者不詳
題詞(覊旅作)
原文山超而 遠津之濱之 石管自 迄吾来 含而有待
訓読山越えて遠津の浜の岩つつじ我が来るまでにふふみてあり待て
かなやまこえて とほつのはまの いはつつじ わがくるまでに ふふみてありまて
英語(ローマ字)YAMAKOETE TOHOTSUNOHAMANO IHATSUTSUJI WAGAKURUMADENI FUFUMITEARIMATE
山を越えた遠くの港の浜の岩つつじよ。私が到着するまで、咲かないで、つぼみのまま待っていてくれ。
左注
校異
用語雑歌、羈旅、摂津、大阪、別離、地名
タイトルとURLをコピーしました