万葉集 第7巻 1187番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1187番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1187番歌

第7巻
歌番号 1187番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞 (覊旅作)
原文 網引為 海子哉見 飽浦 清荒礒 見来吾
訓読 網引する海人とか見らむ飽の浦の清き荒磯を見に来し我れを
かな あびきする あまとかみらむ あくのうらの きよきありそを みにこしわれを
英語(ローマ字) ABIKISURU AMATOKAMIRAMU AKUNOURANO KIYOKIARISOWO MINIKOSHIWAREWO
人は私を網引(あびき)する漁師と見るだろうか。実際は飽の浦の美しい荒磯(ありそ)を見に来ただけなのに。
左注 右一首柿本朝臣人麻呂之歌集出
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 雑歌、作者:柿本人麻呂歌集、羈旅、和歌山、略体、地名
タイトルとURLをコピーしました