万葉集 第7巻 1368番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1368番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1368番歌

第7巻
歌番号 1368番歌
作者 作者不詳
題詞 寄雲
原文 石倉之 小野従秋津尓 發渡 雲西裳在哉 時乎思将待
訓読 岩倉の小野ゆ秋津に立ちわたる雲にしもあれや時をし待たむ
かな いはくらの をのゆあきづに たちわたる くもにしもあれや ときをしまたむ
英語(ローマ字) IHAKURANO WONOYUAKIDUNI TACHIWATARU KUMONISHIMOAREYA TOKIWOSHIMATAMU
岩倉の小野から秋津にかけて雲が覆っているが、その雲が去って晴れるまで待っていなければならないのでしょうか。
左注
校異
用語 譬喩歌、恋愛、和歌山県、田辺市、地名
タイトルとURLをコピーしました