万葉集 第7巻 1369番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1369番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1369番歌

第7巻
歌番号1369番歌
作者作者不詳
題詞寄雷
原文天雲 近光而 響神之 見者恐 不見者悲毛
訓読天雲に近く光りて鳴る神の見れば畏し見ねば悲しも
かなあまくもに ちかくひかりて なるかみの みればかしこし みねばかなしも
英語(ローマ字)AMAKUMONI CHIKAKUHIKARITE NARUKAMINO MIREBAKASHIKOSHI MINEBAKANASHIMO
遙か遠い天雲から光っては轟く雷鳴は見るからに恐ろしい。でも拝まないと悲しい。
左注
校異
用語譬喩歌、恋愛、序詞
タイトルとURLをコピーしました