万葉集 第7巻 1303番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1303番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1303番歌

第7巻
歌番号 1303番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞 (寄玉)
原文 潜為 海子雖告 海神 心不得 所見不云
訓読 潜きする海人は告れども海神の心し得ねば見ゆといはなくに
かな かづきする あまはのれども わたつみの こころしえねば みゆといはなくに
英語(ローマ字) KADUKISURU AMAHANOREDOMO WATATSUMINO KOKOROSHIENEBA MIYUTOIHANAKUNI
海人さながらに潜っては真珠よ、真珠よと唱えているのですが、海神のお許しが得られないのかなかなか出逢えません。
左注 (右十五首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語 譬喩歌、作者:柿本人麻呂歌集、恋愛、略体
タイトルとURLをコピーしました