万葉集 第7巻 1304番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1304番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1304番歌

第7巻
歌番号1304番歌
作者柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞寄木
原文天雲 棚引山 隠在 吾<下心> 木葉知
訓読天雲のたなびく山の隠りたる我が下心木の葉知るらむ
かなあまくもの たなびくやまの こもりたる あがしたごころ このはしるらむ
英語(ローマ字)AMAKUMONO TANABIKUYAMANO KOMORITARU AGASHITAGOKORO KONOHASHIRURAMU
たなびく雲に隠れた山のように密かなる我が思いを、この木の葉は察しているだろうか。
左注(右十五首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異忘 下心 [万葉集略解]
用語譬喩歌、作者:柿本人麻呂歌集、恋愛、略体
タイトルとURLをコピーしました